知らなかった助産院の仕組み

知らなかった助産院の仕組みについて

助産院とは?産婦人科と助産院の違い

助産院は、各県にどこでもあり、病院とは違く資格を持っている人が個人でやっている場所であり、病院という建て物、病院の中にあるというわけではなく、自分の自宅でやっている方が多いのです。

しかし、健診を受ける時は出産するまでずっと助産院ではなくて、産婦人科と提供をしているので出産する予定日までの健診は産婦人科に行ったりするのです。

もしも、予定日近くに体の異変が起きた場合は病院で処置してもらったり、血液検査など産婦人科でしかできないことは産婦人科で見てもらうのです。

母子ともに順調であれば産婦人科に何回も行くことのなく助産院で出産することが可能になります。

産婦人科では、人がたくさんいるのでゆっくりとは健診ができなくて、大事な話をするにも長引くことのなく話をしなければなりませんが、助産院では入院している人もいたりしますが、自分の体のこと、子供のことをゆっくり話をしたりできるので安心すると思います。

個人でやっているからこそ聞ける話もたくさんあると思います。

産婦人科と助産院を比べてみると違いはたくさんあります。

まず、入院したり、ご飯だったり、健診だったりと違いはありますが、助産院は健診の日に次の人の予約を気にすることのなく健診を受けられたり、ご飯の時間の様々で自分の食べられそうな時間だったり、希望の時間が指定できるのでゆっくりと食べられます。

また、入院する時は、自分の用意する持ち物も少なく子供のおむつから、洋服、ガーゼまで準備してくれたり、自分のパジャマだったり、下着も準備してくれるのです。

産婦人科では、入院した時のご飯など大体の時間で指定され、規則正しい生活を送れたりしますが、個人部屋でない場合はゆっくりと食べることは非常に難しいですが、よく見てみるとたくさんの経験者がいるので話し相手になってもらうこともあるので楽しく入院生活が送れると思いますし、早く家に帰りたいと思う人が多いので、産婦人科や助産院で入院していても楽しい入院生活が送れていてあっという間の退院の日が来るので、どちらで出産してもいい経験になると思います。

こちらのサイトに参考となる情報が記載されていました。

助産院の詳しい情報がのっているサイト

Comments are closed.